上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.12.23 若馴染


「たとえば、同じものを食べた後で同じ感想を持ったり、好きな映画が一緒であったり、同じことで不愉快さを感じたり、
そういうのって単純に、幸せですよね」
「幸せか?」
「大きく言ってしまえば、そういうのは全部、恋愛の範疇じゃないかって、僕は思うんですよ」と荻原は笑った。

                              ~死神の精度より ―恋愛で死神― 伊坂幸太郎~




どうも、こんにちは(・∀・)ノ

WOWOWで久しぶりにバレエ見てる瑠華です。
草刈民代さんの最後のバレエ、だとかで演目は「ジゼル」
心臓の悪い村娘が、身分を隠した貴族に弄ばれて死んだのになお、彼女の愛が不埒な貴族の命を救う話です。←
1幕と2幕のギャップが好きな演目♪
曲だけでもなんとなく振りがわかるくらい過去に観てるので、今はPC画面に集中です。


さて今日は、「若馴染」と塾でケーキ食べます( ̄∀ ̄)♪
小学校6年から、6年間塾が同じ友達。
多分1番仲のいい男友達かな。(動物どうしの)兄弟みたいなもんです。笑
塾では、よく頭なでられたり、頭コッツンされたりします。
幼馴染ではないけれど、あたしは家族愛を感じるほど、仲良しです(・ω・。)


なぜ塾でケーキかというと、
 ・合格祝い
 ・カラス(友達)の3年分の誕生日祝い
 ・クリスマスな気分
です。
合格の話は、カラスと推薦合格してる友達にしか話してません。
高校入ってから毎年、先生に誕生日のホールケーキを要求していたカラスが、合格と時期にかこつけて念願を果たす形に。笑


思春期を6年も一緒にいると、ヤツの反抗期とそこからの成長というものを実感します。
まぁあたしも反抗期はあるけれど(現在進行形)。
やっぱり男子のそれとは質が違うな。

中学の頃はお母さんのことを「あの人」呼ばわりしていたカラスも、ここのところは「お母さん」とか「マミー」とか。
お母さんのシチューが好きだ、とか。
普通に言うようになりました。
・・・・・・もはや、姉な気分(-∀-;)

あ、あと、あたしの人生で、初めて誕生日プレゼントくれた男子は、カラスです。笑
なんか、今年の春に
「瑠華がこれから必要になると思うから」
って、ウサギさんとクマさんのハンドタオルくれました。
汗っかきなあたしのことを、よくお分かりで(´-ω-)

ハンプティ・ダンプティっていう、女の子向けの雑貨屋さん・・・・・・他所にもあるのかな?
そこに一人で行って買ってきたってとこにも、カラスの成長を垣間見ます。

ヤツの誕生日には、悩んで悩んで悩みまくって、無難にマグカップを贈ったけど。


合格祝いも、もらったんだよなぁぁぁぁぁ。

「東京は空気が汚いから」と、最初は空気洗浄機にしようとして、高校生にはあまりの値段なので、タンブラーに落ち着いたそうな。

でも、これであたしは、また悩まなければならないのですヽ( ̄д ̄)ノ
男子にプレゼントとか!!
何あげたらいいのか、ほんとにわからんっ!!
カノジョなら踏み込んだものでもOKなんだろうけれどさぁぁぁ!!
相手が形に残るものをくれてるだけにね、こっちも食べ物じゃぁいかんだろ、ってなります。
弟に相談しても、ヤツは服飾関係ばっか候補に挙げるんで、当てにできない・・・・・・。

カラスは国立志望なので3月まで時間はあるけど・・・・・・時間浪費が大得意なあたしなのでσ(∀ ̄*)
早めに決めなきゃな、と思ってます。


なんだかんだ言っても今はケーキで頭がいっぱいな瑠華でした!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kunpuurin.blog93.fc2.com/tb.php/379-580c8a3d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。