上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


要するに、ほんとのところを白状すると、
自由気ままな子どもの特権をほんのちょっぴりでいいからわけてもらって、
なおかつ、その値打ちがわかるくらいは大人のままでいられたら、どんなにすばらしいことでしょう。

                                 ~クリスマス・キャロル ディケンズ 脇明子・訳~




↑、大好きなフレーズです(*^^*)
OGの訳書なんで学校で紹介されてました。


さて。
金曜日は、学校の恒例行事、第九の演奏会でした。
雨の可能性があって、プラザっていう、演奏予定場所を全部使うことはできなかったけど、なんとか体育館での演奏は避けられました。
やっぱり、外で響いてほしいもん。

3年生はメインの第九演奏以外、わりと教室で自習してる人が多いけど、あたしは吹奏OGの友達もいるし、もちろん全行事参加型人間なんで♪
演奏会は最初から聴きました。

場所はいろいろ探した結果、オケの真上にある廊下で聴きました♪
やっぱり第九はいいです( ̄∀ ̄)v
こんなにも第九に愛着を持てたのは、学校のおかげだ。
うろ覚えながらも歌詞は覚えてたので、友達と一緒に、合唱に合わせて歌ったけど、楽しかった!


でも演奏会のため、時間割は不規則に。
演奏会のあと、40分くらいの休み時間があって、クラスのほとんどは自習してました。
もちろん、あたしも。
だけど、残り5分くらいになって、しずかーーーに悲劇が始まるんだな;

眠くなったので、寝ました。

ちなみに席は1番後ろで、両隣は男子。
チャイムも聞こえるだろー、と思って。

5分後に始まる授業は、チャイムと同時に英語のセンター演習。
40分で長文系を解くって組み合わせでした。


が。



うーん、なんだかチョークの音がするなぁ。あ、男子が黒板落書きしてたし、その音か。
と思って目を開けると、隣の男子の机にある『センター演習』の文字が見えました。

ビックリして起きると、先生が上下スライド黒板の、すでに1枚と半分に解説を板書してました。

すごく静かにみんなが問題解いてました。

慌てて時計を確認すると、残り15分でした。


なぁんか、もう。
隣の男子を心底恨みました(- -)
近来まれに見る集中力と速読力を発揮。笑
たまたま今回は簡単な文章と問題だったから、時間内満点でした(*ノ ̄∀ ̄)ノ

もちろん、先生の声がかかると同時に、両隣の男子に文句(?)言いましたよ。
右側には

「いや、起したほうがいいかな~とは思ったんやけどさ。ごめんごめんごめん」

と、ものっそい勢いで平謝りされた。←
・・・・・・そういえば、2年間同じクラスで、初めて話したぞ?

左側には

「いや、起そうかな~と思う間に、俺も寝てさ。多分瑠華さんと同じくらいしか時間かけてないよ」

さすが京大B判定。
なんか寝起きのくせに、めちゃ爽やかに言われました。
ほんと、ハズイなあ(//へ//)

明日はなんと第一志望のプレ模試を受けに行く瑠華でした!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kunpuurin.blog93.fc2.com/tb.php/377-7491f3d7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。