上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.08.14 タフな友達


私たちと一緒に行きましょう、私たちはまたあなたと共に生きる。みんなであなたの中に住むわ。
だから一緒に行きましょう。
どうやって?
ココロコは考えた。どこに行けばよいのだろう。歩いても、泳いでも、誰もいないこのせかいで。
あなたはどこにでも行けるはず。私たちとどこにでも。

                                ~図書室の海より ―オデュッセイア― ~恩田陸




昨日は、中学のときの友達と遊ぶ約束でした。
春の花見のメンバー中心に。
いつもバカやる、友達です(*゜ー゜)v

でも午前中は部活があるから参加できないなーっと、涙をのんだのに・・・。
大抵集合時間から1時間以上遅れて全員が揃い、揃ってから1時間以上かかって、活動が開始されるメンバーなもんで。笑
12時に部活終わって携帯見ると、ちょっと前から始めました~♪ってなメールが。笑
さすが。
確か集合9時だったはずじゃん(-∀-;)


でも、いっそいで着替えて、今回の行事が開催されている場所へ向かいました♪
さてさて、今回のテーマは・・・・・・。

流しうどん全景

いいえ。
決して流しそうめんじゃあ、ありません。
LET’S 流しうどん大会です(* ̄v ̄)ノ

主催者が前日に3時間かけて作った流し台♪

うどんは、近くのうどん屋から玉買いして、
薬味は、そのうどん屋からこっそり器に頂戴して、
つゆは、市販で、
器は100均のカキ氷カップで。

あたしが到着した時点で、男子5人女子1人。
この人数ですでに、10玉を流した後でした。笑
しかし、なぜ場所が、あたしの母校(小学校)!? 
まあ集まったメンバーのほとんどの母校でもあるから、構わないっちゃあ構わないけど。
そこでうどんを流すことになった理由は、カラス(プロフィール欄参照)が、門の鍵の暗証番号覚えてて、試したら開いたから、らしい。笑
初めてカラスを尊敬した。 ←
でも6年近く番号変えてないのも、問題だと思うよ、小学校。

で、みんなで台を組み立ててー。
流れてたよ~、うどん(´∀`*)
ほら、段差もしっかり。笑
斜面
流れてきたうどんは、こんな感じ♪
うどん
ところが問題は、うどんを流す水。
井戸水だから、熱いの何のって(ノ∀`) 
熱湯以外の何モンでもありません。笑
バケツの中に溜まっていく水にさらされてる、回収されるのを待っているうどんは、もはや釜揚げ状態。笑
絶対にゆでられてたよ~;

この後女子がもう1人来たから、うどんを追加しようと、男子がチャリで奔走してくれました。
何件かうどんやをはしごして、かき集めてくれて。笑
おいしかったです(n∀`n*))
でも。
取水制限中に、高松市民としてあるまじき行為・・・汗
水の使用量は半端なかった(´∀`;)

この後、みんなはガする(ガする=ガストで迷惑なくらいまでたむろする)ことになったけど、あたしは用事があって、一時帰宅。
んで、祭りのときに合流~♪
昨日は花火大会でした(*・ω・)ノ
何人かは帰っちゃって、集まったのは男子3人女子3人。
すぐに港の方まで行って、プラプラしてました。
芝生の上に座って話してると、男子が周りのカップルを見て羨ましがってばかり。笑
カノジョいないの?と聞くと、
「おったら、今ココにおるわけないやろ」
と一蹴;
だって、そいつは去年、
「来年はカノジョつれてココ来るから」
って豪語してたんだもん。笑

そんな感じで、花火が始まってから、近くのスーパーへ。
だって花火開始前は、ありえないくらいの人が、レジに並んでたんだもん(-ω-`)
おつまみ買って、飲み物買って、夜店でもチョコチョコ買って、元の場所に戻って花火見ました。
綺麗だったな~♪
今年は花火で四季を表現してたらしくて。
これは、今ドコだ?って話しながら観賞。
クライマックスはあちこちから歓声が上がって、盛り上がったし、楽しい花火でした♪
でも、この日頭っから参加してた人は、12時間も外で遊んでたって計算に。
すげー・・・。

帰りは歩行者渋滞にもまれながら、必死にチャリを操作(・`ω・)σ
みんながそれぞれの方向に、少しずつ離れていく中、市街地を抜けると最後は4人が残ってたんだけど。
男子2人女子2人、うち1人があたし。
男子、女子・と置くなら、街中から家までの道のりが、ってな感じ。
は家がメッチャ近所なんでね。
で、信号で止まってるときに、後ろでがコソコソっと話してるのが聞こえて。

:お前んちってさ、瑠華んちより、先?
:うん。なんで?
:いや、俺は手前だから心配だったけど、それならがあいつを送っていけるなって。

・・・・・・あ、なんか女の子扱い(゜∀゜*)笑

こういうとこでちゃんと気配りできる人っていいなぁ。
いいやつだとは知りつつも、普段口が悪くて、下ネタばっかのためになんとなく苦手だったのイメージが、ちょっと向上♪


でもまぁ、長いやつとは、それこそ10年以上同じ空間で生活してきてて。
高校からの友達も好きだけど、好きってだけじゃない何かがあるね、長年の友達には。
変に気も遣わないし。
母さんは
「高校の友達は一生の友達だからね」
って言うけど、あたしはそこに中学の友達もしっかり含まれるかな。

楽しいの一言しか出てこない瑠華でした!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kunpuurin.blog93.fc2.com/tb.php/360-edd0db0a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。