上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


28歳になっても、未だに大人になりきれないのは、
一緒に歩いていきたかった彼が、18で時間を止めてしまったからだろうか?
そう、・・・多分。ふたりじゃなくて、ひとりだから。

私は前に向かって進めない。

                                        ~制服のころ、君に恋した。~折原みと




来週の頭からテストなんですけどー。
一応やる気はあるんですけどー。

時間がないんですけどー。

困ったもんだ(´д`)
研修旅行からこっち、ちょっとした他人の色恋に首を突っ込んじゃって;
いや、もう、女の子のほうがすさまじくて、とても"ちょっとした"じゃ済んでないんだけど。
昨日は放課後勉強してたら、部活の男子部長に怒られて、その後↑の当事者男子と1時間話しこんだし。

部活の話は、絶対あたしが悪いわけじゃないのになぁぁぁ。
文化祭の企画書を急いで出さなきゃいけなかったらしくて。
休み時間に、男子部長が女子部長を探しにきてたんだ。
でも女子部長は用事があって、ひゃら~っとどっかに消えちゃって;
あたしも他の友達と話して男子部長を放っといたら・・・・・・

帰ってきたときには、あたしの机の上に白紙の企画書が乗ってた。 

いやぁ、絶対に持つ人間違えてるじゃん?
どっちかの部長が持っててよ~(-д-)

男子部長が、冗談でそういうことしそうなのは、友達として知ってたけどね。
まさかここまでサラッと置いていくとは。

瑠華は激怒した。瑠華は報復を決意した。

その次の古典の時間めいいっぱいを使って、企画書に源氏物語-桐壺-を写してやりました。 
最後に一言。
問一.上文前文を口語訳して右ページに書け♪
を添えて(*´∀`)笑

もー、男子部長の怒ったこと怒ったこと♪
向こうも冗談であたしの机の上に置いておいて、あたしが冗談で返したことも分かってるから、そんな深刻な話ではないんだけどね。
えらくドスの利いた声で、「おい、暇人」って怒鳴られた。笑
どうも、そこに源氏物語が写されてたことより、「書いてくれてる、ラッキー♪」という喜びが一瞬で裏切られたことに怒ってたらしい。笑
知らないも~んヽ(´∀`*)ノ


なんかなぁ。
感情多寡な女の子の恋に、ぜんっぜん関係のないあたしが振り回されたり。
くだらんいたずらに命懸けて挑んだり。
たった2日しか学校行ってないのに、疲れたなぁ。
週末はもうちょっと頑張ります(。・ω・)ノ
勉強を。笑

まだ脳ミソ半分は北海道にいる気分の瑠華でした!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kunpuurin.blog93.fc2.com/tb.php/336-efb5513f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。