上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お久しぶりです。

明日が1限から5限フルコマからの練習?
そんなの知らない。笑

ジモ友と長電話してたら、早く寝るつもりがいつもどーりになってしまいました。



チアは順調です。
Bチームとして日々頑張ってます。

ラグビー応援とか行ったしね。
初めて芝生の上でやったら、思いっきし失敗しました←
一番目立つ試合の応援がもうすぐだから、きっちりやらねばと思います。


チアに関してこの前はすんごく暗いことを書いたけど、あれは時期が悪かった。
今も正直えぶりでいメンブレですが、毎日のことすぎて、もはや対処法を身につけ、逆にストレスフリーな生活です。

それにね、最近は同期どうしで「怖い」とか「辛い」とか言えるようになったの。
んで、そのうえで「でも頑張ろうか」って言い合えるの。
練習中は笑ってなきゃいけないし、モチベ下げるわけにはいかないから、みんなポジティブ発言ばっかで。
怖いのは私だけかな?って思ってた時期は、本当に辛かった。

そんなはずないのにね。
みんな同じなのにね。

それを見せないのがチアなのです。

でも本音を言って、かつ言ってどうなるでもないってこと、みんなが分かってるから、一緒に頑張ろうって言えるようになりました。
これって同期の進歩だ、うん。



あとは、クラスの友達の存在が大きいです。
文学部って、クラスの授業が週に3回しかないから、仲良くなるかどうかって、クラスによりけり。
うちのクラスは食堂に「たまり」っていうたまり場できるくらい仲良くて、授業のない日でもメーリスで集まったりします。
男女関係なく仲良しで、和気あいあいと楽しいのです。


週6の部活で頑張ってる人も

スタジオが安いからってダンスサークルの深夜練とバイトを両立してる人も

時給700円ふざけんな、って思いながら塾講師頑張ってる人も

スペ語検定受けてる人も

カノジョとのクリスマスディズニーのためにバイト掛け持ちしてる人も


みんななんだかんだ頑張ってて、そこそこにぼろぼろで、でもお互いに「頑張れ」って言える人たち。
尊敬します。
まぁだからこそ、辛いって言えないのもあるけど。笑


そう。
辛いけど、私はちゃんと笑ってるから、多分きっと、まだ、大丈夫。




最近怖いのは、将来のこと。
入学して1年経ってないのに、もう就職のこと考えてる。
もっと純粋なモラトリアムがほしいよ。笑


私、チアしかしてないの。


同期はチアとダブスク両立したり、秘書検定受けたり、いろいろやってるのに。
私、どうしたいんだろう。

親は地元に戻って公務員になれって言う。
東京の一人暮らしではやってけないから、地元に戻る。
地元に戻ってもろくな就職ないから、公務員になる。

そりゃある意味最良だろうよ。

でもね、興味ないんだよ。


公務員試験受けるなら、チアやめる。
それくらいしないと、私、興味ないこととチアを両立なんてできない。

じゃあ何に興味があるんだよ、ってなったとき、ほら、困るよね。


どこまで自問しても、今のままじゃ本と芝居以外に興味がわかない。
だって冷静になれないよ。
チアとバイトの合間にやりたいと思うこと、読書と観劇と映画観ることだもん。
それさえ満たされない今、他にやりたいことなんて、思い描けない。
まして3、4年後の自分に必要なことなんて。


好きなことだけやって生きていけないのは分かってる。
でもやりたいことに向かってどりょくするのが最初じゃなかろうか。
その上で、目前の現実を受け入れなきゃいけないときはくるし。


だけど、何がやりたくて、何をやりたくないのか、分かんない。


そうなると、自分が今までいかに適当に生きてきたか分かる。
結局大学受験のときに戻ってるよね。
あのとき大きな2択でさえ、散々泣いて悩んで迷ったのに。

今は、膨大な選択肢から選びださなきゃいけないなんて。


どうすればいいのか分からない。
だから考えない。
考えて迷って、足の止まるのが怖いから。
だからチアしかやらない。


チアってね、本当に努力を裏切らない。
初心者で伸びしろがあるからかもしれないけど、やればやるだけ上達するの。

歌詞を書きながらバンド活動してる友達を羨ましくも思うし、小説もどきを書いていた時期もあるし、自分はそういうことしたいんだろなって思うけど。
私は自分に自信なんてかけらもなくて、自分の意志さえなくて。
ふらふらと、路頭に迷ってる。
そんな私だからね、芸術的な自己表現ってすごく難しく思える。
だって表現・主張すべき「自己」がふらついてるんだもん。
いいこと悪いこと、自分の中に判断基準がない。
あ、これはよく分かってる。笑

それにどこまでいっても、自己満足から抜け出せない気がする。
私は私、って言って、他者に批判されてもやりぬくんでしょ?
人に理解されなくても、自分のスタイルを貫く、とかさ、どんだけ強いんだ。


でもね、チアって、やってて、それがいい動きかどうか、すぐに分かる。
それも自分が分かるだけじゃなく、その動きに関わってる全員が分かるの。
安定しないね、って悩むときもあるけど、その分全員の軸がぴったり揃って微動だにしなくなった瞬間、全員が「よっしゃ」って思う。
全部の感触を、全員が肌で共有できる。
自分だけが「今のよかったな」って思うことは絶対ないし、技の完成度があがってきたら、全員で「成長したね」って実感する。

だから努力する。
すればそれだけ反映されて、「できた」って自信になるから。


そんな経験を、私はしなきゃいけなかったんだと思う。
いつも他人と比較して、自分は人類の最底辺にいる、って思っちゃう私は。
努力が目に見えていく経験が必要なんだ。


迷って足を止めるよりは、1度でも多く倒立して、筋トレして、成果を出したいの。
少しでも自信を実感する経験を積みたい。

多分。
ひょっとして。

自分がやりたいことは、決まってるかもしれないから。
ただそれを「私は私」って認めるだけの自信がないだけかもしれないから。



はぅっ。
書いてたら普段より遅くなってしまった。笑


1限ネイティブとか犯罪だと思ってる瑠華でした!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。